読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーサイドスクワッド原作コミックでのあらすじ(ネタバレ注意)

2016年9月10日(土)に公開となるスーサイド・スクワッド。DCコミックの悪役たちが特別な任務を受けチームとなり暴れまくります。ファンからの期待は相当高く、予告編の再生回数もたった1日で1000万再生を超えたっていう。

 

で、このスーサイドスクワッドですが原作のコミックがあるんです。それがこちら↓(日本語もあります)

原作コミックでのあらすじ

こちらの投稿にはスーサイド・スクワッドの原作コミックでのあらすじと、劇場版スーサイドスクワッドのネタバレが含まれています。読むかどうかは本人の判断ということでお願いします。特にラストではかなり重要なネタバレがありますのでご注意ください。

<関連>

justiceleaguenews.hatenablog.com

予告編でもありましたがスーサイド・スクワッドとは基本的には減刑と引き換えに政府の無謀な任務に駆り出されたヴィランたちによる特殊部隊です。

コミックでの主要メンバーは

デッドショット

f:id:jonie:20160603224731j:plain

ハーレイ・クイン

f:id:jonie:20160603224905j:plain

エル・ディアブロ

f:id:jonie:20160604102151j:plain

キングシャーク

f:id:jonie:20160604205544j:plain

あたりですかね。

こちらのコミックにはカタナとかエンチャントレスとかは登場していません。劇場版のスーサイド・スクワッドのメンバーについては写真付きでコチラをどうぞ。

で、コミックでの内容はというと収容されている超人ヴィラン達に減刑を条件に超無謀な任務が与えられるというもの。任務中ヴィランたちの首には爆弾が仕掛けられており、任務達成までの制限時間までもが決められている。政府にとっては彼らが死んでもどうなってもいいっていう。

f:id:jonie:20160604211545j:plain

最初の任務として封鎖されたベースボール・スタジアムへ送り込まれたスクワッドのメンバー。

そこのスタジアムには生体兵器化した6万人の観客が。そこにいる赤ちゃんを救出するという任務なのだけど、いやいやエル・ディアブロ、最高です。何やら改心したらしく、『光を見た』と言って絶対に人を殺さないんですよ。むしろ助ける。すごい能力持ってるんですけどね。

で、デッドショットはというと超冷酷。まぁこのスーサイド・スクワッドの実質的なリーダー的ポジションです。

その後も無謀な任務が次々と与えられていく訳ですが、ある任務終了後、本当は牢獄に戻ってから首にある爆弾を解除しなければいけないのに、牢獄に戻る前にハーレイ・クインの爆弾を解除してしまう看守。

牢獄に戻ったスーサイド・スクワッドに休む間もなく与えられた次の任務は暴れ出す囚人たちを止めること。しかもその囚人たちの10人に1人は超人っていう。

その任務も終息に向かう頃、この囚人たちの暴動の立役者が「ハーレイ・クイン」であることに気づくデッドショット。ハーレイ・クインは首にある爆弾を牢獄に入る前に解除されたことをいいことに、囚人たちに暴動を仕向け、その騒ぎに紛れて逃走していたのだ。ハーレイ・クインのいく先はジョーカーの所。

任務中にハーレイ・クインが聞いた噂によると・・・ジョーカーが死んだ?真実を知るために駆け回るハーレイ・クイン

一方スーサイド・スクワッドに与えられた次なる任務は逃亡したハーレイ・クインを捕まえること。殺しても構わないという任務だ。

ハーレイ・クインジョーカーが本当に死んだということを知り、その剥がされた顔が保管してあるという警察署に自ら出頭。ハーレイ・クインがどこに行こうとしているか理解したデッドショットもハーレイ・クインを追う。

ジョーカーの顔が保管されている部屋で対峙するデッドショットとハーレイ・クインハーレイ・クインはデッドショットを縛り上げ、ジョーカーの顔の皮をデッドショットにかぶせる。

完全にクレイジーなハーレイ・クイン。デッドショットのことをジョーカーに見立てて話しかける

その隙にデッドショットは縛られている手から縄を解いていた。。。そして次の瞬間。。。

f:id:jonie:20160604211714j:plain

この原作コミックではハーレイ・クインの過去についての回想シーンも含まれています。ハーレイ・クイン精神科医ジョーカーと出会った頃の話。なぜジョーカーに恋をしてハーレイ・クインになったのか。

f:id:jonie:20160604211809j:plain

実はこの回想シーンと思われる写真も劇場版からもリークしていました。となると結構忠実にこの原作コミックを再現しているのかな?だとするとラストはハーレイ・クインが・・・・。

ちなみにハーレイ・クインのソロ映画も計画されているそうです。じゃあ大丈夫か?

追加撮影も含まれている最新予告編

www.youtube.com

 

ー関連記事ー

justiceleaguenews.hatenablog.com

justiceleaguenews.hatenablog.com

justiceleaguenews.hatenablog.com